事前準備であがりを予防

事前準備であがりを予防

準備不足はあがりを生むと言われています。
しかし、私の経験上、あがり症の人は不安だからこそ人の何倍も
準備、練習を入念にやっているものと思います。

 

ここで言う準備とは全体のシナリオ、ストーリーをつくるということです。

 

大好きな人との初めてのデートを思い浮かべてみてください。

 

 

 

全て準備(シナリオを描くこと)をしておくと余裕がでてきますよね?
それと同じことです。

 

準備で大切なのは全体のシナリオを描いておくことです。
簡単なシナリオでも構いません、全体の流れ、全体像を把握しておくとよいでしょう。

 

心に余裕を持つことで、あがりは軽減していきます。

事前準備エントリー一覧

1人練習

1人で口に出してリハーサルを行います。最もプレッシャーの低い条件で行うことができる練習方法です。1人練習のポイントとしては、必ず「現場にいるイメージ」を持つことが大切です。ある程度の緊張感を保ちながら、堂々と話している自分を想像しながら行ってください。また、鏡の前で行うのもおすすめです。意識としては...

≫続きを読む

 

チェックリストをつくる

やるべきことを事前に書き出しておくことも準備の一つです。頭の中で思っているだけではなく、チェックリストとして書き出しておくことが大切です。つまり、目に見える状態にしておくということです。やるべきことをリスト化し、ひとつずつ実行して行くことで、あがりを軽くすることができます。例えば・・・発言内容の構成...

≫続きを読む

 

心を落ち着かせる

自分の出番が近づいてくるとあがりは強くなってくるものです。そんな時こそ、「心を落ち着かせる」ことが大切です。目を閉じる視覚的な情報をシャットアウトして、心を安定させます。背筋を伸ばす「即効薬」でもお話していますが「精神と肉体を一体にする」ということです。身体が整うと、心も安定します。プラス思考「こう...

≫続きを読む

 

あがってしまった時にやることを決めておく

準備には、保険としてやっておくべきことがあります。もしあがってしまっても、あらかじめやることを決めておけばパニックを軽減できるものです。例えば・・・「手のひらを強く押す」「数秒間軽く目を閉じる」「深呼吸する」自分の癖でもなんでもいいです。一度落ち着いて普段の自分に戻すことが大切です。

≫続きを読む