支えを用意する

支えを用意する

あがり症の人には、身体そのものがフラフラして安定しないことがあります。

 

震えがとまらないような人は、身体を支えるようなテーブルを用意しておきましょう。
身体が支えられて安定してくると、心も落ち着いてきます。
何も支えがないと、物理的にも心理的にも不安定になってしまいます。

 

まずはしっかりと身体を支えるようなテーブルを用意し、
しっかり立つ姿勢づくりから始めてみましょう。

 

「身構え」が整うと、「気構え」も整ってくるものです。

 

また、どうしても不安な時は誰かに助けを求めるのも一つの手段です。
頼れる人が隣に立っているだけでも心の支えになりますよ。