重心を下げる

重心を下げる

あがりとは、一説では身体の重心があがってしまうことだと言われています。
落ち着いて心が安定している状態においては、重心は下がっています。

 

社長などを想像してみてください・・・・・どっしりと構えていますよね?

 

あがっている状態では、重心が上半身に移ってしまい、肩や首に極端に力が入っています。
身体的に重心を下げることで、心も安定してくるものです。

 

「心身一如」という言葉があります。
これは「精神と肉体が一体になること」という意味です。

 

あがっているときの身体的な状態を、普通の状態に戻すことであがりを抑制します。

 

重心を下げる方法で最も簡単なのは「その場でジャンプ」です。
軽くでいいので、5、6回行えば重心は下がってくるものです。

 

また、ジャンプが難しい場面では、肩の上げ下げや肩回し、首のストレッチでも重心を下げることができます。