特徴

特徴

自意識が強く、人にどう思われるかを気にする人はあがりが出やすいと言えます。
「こんなこと言ったら、失礼かな」「自分の話なんて興味ないだろう」
など自分で勝手に決めつけて行動を抑制してしまう人。
また、相手の表情や態度が気になり、話した後に自己嫌悪や後悔など、
原因を自分に置き換えて考えてしまう傾向が強く、人と付き合うのが面倒になり、
自分の世界に閉じこもってしまいます。
結果として、人と話すことや、交流する場面から遠ざかるようにしてしまいます。

 

また、シャイで引っ込み思案な人はあがり症になりやすいと言えます。
シャイネスが発生すると自意識が敏感になり、自意識が敏感になると自分に自信がもてなくなり、
自信がないからさらに自意識が敏感になって、みんなに見て欲しい自分の姿を強く提示し、
そのために余計に不安になるという悪循環が起こります。

 

さらにあがり症の人は真面目な人が多く、欠点を正そうと努力する傾向が強いと言えます。
これは素晴らしいことなのですが、その行為がさらに自分の欠点に目をむけさせるという
悪循環を生んでしまう場合もあります。
結果として、ますます自己否定的になり、他人に映る自分の姿が気になり、
見せたい自分の姿を強く提示しようとするのですが、うまくいかず、
自己嫌悪と自意識のスパイラルに陥ってしまいます。